語坊|ユファン

横須賀・三浦を中心に活動する朗読ユニット「語坊(ユファン)」のウェブサイトです。

20221201

12月13日13時半より 「語坊房相山の集い」開きます。

事前にお問い合わせ下さってぜひお出かけください。
読み手としてご参加もご連絡いただけますよう、楽しみにお待ちしてります。

202211_uta


童神(わらびがみ)
古謝美佐子 作詞  佐原一哉 作曲


天からの恵み 受けてこの地球(ほし)に
生まれたる我が子 祈り込め育て

イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐゎ)

泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 太陽(てぃだ)の光受けて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー 健やかに 育て

暑き夏の日は 涼風を送り
寒き冬来れば この胸に抱いて

イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐゎ)

泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 月の光浴びて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー 健やかに 眠れ

嵐吹きすさむ 渡るこの浮世
母の祈り込め 永遠の花咲かそ

イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐゎ)

泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 天の光受けて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー 天高く 育て



ここにあるのは「ヤマトグチ」バージョン。
「ウチナーグチ」バージョンというのもあります。

沖縄の方が作られたのです。
作詞者作曲者、ご夫婦ですと。

宝です。
子どもたち。
私たちもこうして生まれ、こうして祈り願われ育ってきたのでしょう。
誰もがこう祈られたことはあったに違いない。

「そうでない」。
そうでないところ、そうでない時代に居合わせた子たち、何処にいますか?今。
ごんなさいね。

「名前」という作品があります。
おかあさんになる、おとうさんになる二人が「生まれます!生まれます」と
走っていきます。満開の桜のアーチの下をタクシーに乗って。
二人はケンカになるほど「あなた」に名前を考えています。
まだ決まっていません。
ただ、二人ともあなたがあなたであることをあらわせたらと願っています。
という作品。角田光代さんの。

又つい最近、「今の私から過去の私へ」「今の私から未来の私へ」という手紙を
仲間たちそれぞれで書きッコしました。みんな今を「生きて」います。
「過去の私」も「未来の私」へ今を通してつながっています。
過去には感謝が、未来には希望があります。
子は希望です。

私たちも子どもですね。

あなたのおなまえはなんというのですか

20221113_koe

睦田巡査のお話。
50歳を越し部長にもなりえないでいる彼には、これという功績も過失もなかったが、
病身の妻と大勢の子供がかわいいばっかりに思い切って辞職もしえないできた・・・・・・
運命の惨めさに幾度涙ぐんだか知れないのであった。

■老巡査 夢野久作

このページのトップヘ