語坊

横須賀・三浦を中心に活動する朗読ユニット「語坊(ユファン)」のウェブサイトです。

22735622_s
朝はどこから
森 まさる 作詞  橋本國彦 作曲


朝はどこから来るかしら あの空越えて 雲越えて 光の国から来るかしら
いえいえ そうではありませぬ それは希望の家庭から
朝が来る来る 朝が来る 「お早う」 「お早う」

昼はどこから来るかしら あの山越えて 野を越えて ねんねの里から来るかしら
いえいえ そうではありませぬ それは働く家庭から
昼が来る来る 昼が来る 「今日は」 「今日は」

夜はどこから来るかしら あの星越えて 月越えて おとぎの国から来るかしら
いえいえ そうではありませぬ それは楽しい家庭から
夜が来る来る 夜が来る 「今晩は」 「今晩は」

もやもやからすこーし抜け出た感じのいたしますこのところの世情。
いかがお暮らしでしょうか。

この「朝はどこから」の歌声が岡本敦郎氏の歌声で戦後すぐのラジオから流れたのは昭和21年1946年。
戦後初めての映画「そよかぜ」の中で歌われた「リンゴの歌」と共に大いに巷に流れたと。
この後「三日月娘」「あざみの歌」「山小舎の灯」「さくら貝の歌」「森の水車」「雪の降る町を」など、ともにラジオ歌謡という流れが長くありました。

「た」と過去にしてしまえないほど「今」に歌い続けられています。

橋本國彦氏は1904年明治37年9月4日東京本郷のお生まれ。深尾須磨子氏の詩の「泉のほとり」をご存知でしょう、♪みずよ~みずよ~あきの~みずよ  と歌いだされます曲ですが、この曲の作曲者でもあります。

森まさる氏は戦後日本を励ますために新聞社がもうけた懸賞への応募作品一位を採った方。そうなのです、「朝はどこから」はこの一位の作品! なのです。

時代の経った今、現状は歌われている中身に疑問符がついたりもしますが、歌うと元気になってくるのは語坊筆者の生まれた時代とリンクするからでしょうか。

ちなみに、歌った岡本敦郎氏は第一回コロンビアレコードのオーディションで歌手に。この曲がデビュー曲。後「白い花の咲く頃」「高原列車は行く」他歌唱されています。

「朝」が来て、「昼」が来て「夜」が来る身心ともに健やかな毎日が重ねられますよう

新美南吉作の「丘の銅像」声にしました。

ところで、10月2日朝7時から散歩を始めましょうとお声がけをいたしました。
実行はいかに。

今回この作品には、ある時代の10月4日の出来事が出てきます。
伝染病が出てきたり、戦争も。
時代の変るということのありようが「さもありなん」と書かれています。

舞台は丘のふもとの、うつくしい平和な村。
その丘の上に建てられていた銅像はそんな村の人々、人の心、出来事、時代の移り変わり、みんな見ていました。
自身は思わぬ成り行きから何回も姿を変えていましたが、最後の姿に、村人たちは神の国を思ったといいます。

■丘の銅像


586963-1
いつしか風も冷ややかになり、朝の散歩もプラプラとゆっくり。
坂道を上りながら見上げる空は高く青く、白い雲の広がりがもう秋なのだなーと思わせる。
その瞬間に浮かぶ歌。
♪今はもう秋〰
&♪秋でもないのーに~
いつもこれだ―なー、沁みこんでいる。

「歌は語る」今月分け合いたい「語る歌」。
自分外の世界覗いてみようか、ネットサーフィンいってみよう。
「秋の歌ベスト10」何故か知らない歌ばかり。世の中かわってしまったのだな。
「日本人の心に響く秋の歌」かろうじて何曲か今までに語ってもらった曲たちもい、なじみの曲もあるけれど。
「秋の童謡・唱歌」そこにありました!
「童謡・唱歌」ここにいると穏やか、落ち着く、思いは広がる、友人知人故人にも会える気がする。

その中から「こおろぎ」。この歌、今歌いたい。

楽曲「こおろぎ」
関根栄一 作詞  芥川也寸志 作曲


こおろぎ ちろちろりん こおろぎ ころころりん 
ちろちろりん ころころりん

にいさん ちろちろりん おとうと ころころりん
ちろちろりん ころころりん

やさしい ちろちろりん かわいい ころころりん
ちろちろりん ころころりん


小さい体で大きく鳴いています。
夕暮れから夜じゅう明け方まで。
鳴きたりないのか昼も。
今月は「こおろぎ」歌いながら散歩を楽しんでまいりたし。
とりあえず皆様、10/2(土)午前7時それぞれのおうち出発!後30分間くらい、「こおろぎ」歌いながら散歩決行!
帽子、ハンカチはながみ、マスク、ソーシャルディスタンス。
大雨大風その他諸々のご事情のある場合は決行しないでおきましょう。

作詞の関根栄一氏は、ご存知の方多いでしょう團伊玖磨氏作曲で♪あんまりいそいで こっつんこ ありさんとありさんと こっつんこ~をも作られました方。
もちろん他にも他にも。NHK学校音楽コンクールの課題曲を何回か作られたり、校歌他もたくさん。「円卓の騎士」のアニメ作品ではテーマ曲始め関連曲も。
作曲の芥川也寸志氏は、♪小鳥はとってもうたがすきー・・・・・・♪ブランコゆれるおそらがゆれる・・・・・・の童謡の作曲者というより、音楽家か。
作曲のジャンルは多岐にわたり、活躍の場も多岐にわたり、音楽番組司会者、物書きとしても大いに活躍された方です。

このページのトップヘ