或曇つた冬の日暮である。私は横須賀発上り二等客車の隅に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待つてゐた……芥川龍之介の作品から「蜜柑」を読んでみました。


■蜜柑