yufan

横須賀・三浦を中心に活動する朗読ユニット「語坊(ユファン)」のウェブサイトです。

2011年06月

6月もアレーーーという間に過ぎました。
しかし結構ずしりと稔多き日々でした。
季節の変わり、大震災へのかかわり、原発の収束への必死。
これらが通奏低音のようにながれてある日々です。

そんな中、朗読、オカリナのお勉強会は続きました。
そしてイベントも多くありました。感謝です。
語坊は6/1を皮切りに、6/4は施設訪問、
6/7あかねスタヂオでの会、
6/28は馬堀海岸のとあるところで地域のかたがたと
「朗読とお話とオカリナと」。

さて、7月。
お勉強は続きます。

7/7 15:00からはFMBLUESHONAN
(FMブルー湘南78.5MHz)に登場予定。

施設訪問、発表会、そして10/28(金)の「 朗読の花籠 」
(於 横浜市吉野町市民プラザ)の練習、準備が本格化。

みなさまよき日々を。

「賢治の世界」4回シリーズ終了。
お客様も増えたり、リピーターの方もいらしたり。
ティータイムのお話も楽しいものでした。

「よたかの星」「ざしき童子(ぼっこ)のはなし」
そして「雨ニモマケズ」でしめました。
オカリナは「モルダウ」の一部。
音色が賢治の描く世界に重なると感じ、選びましたが
最上川、そしてイギリス海岸、イーハトブが浮かびましたとも。
スメタナも、追われた故郷回帰そして祖国独立の願いを
この曲に込めていました。
最後の会を飾れて安堵。

賢治の作品ファンの方がほとんどとお見受けいたしましたが
どなたの作品また、どのような作品お聞きになりたいでしょうとか
お尋ねしてみました。
ご提案いただきました。
Mさんの、Hさんの、もうひとりのHさんの、Dさんのとか。
今後語坊の会で上演予定の作品もはからずも入っていたりして
うれしかったり。
ぜひその折にはお出かけくださいますように。

ありがとうございました。

6/1長浜ホールでの会が終了しました。

まりもにそそぐ光のひとしずく・・・のテーマの
~オカリナとピアノのひと時~をあいだにはさみ
4作品をお届けいたしました。

”大人の作品””心の襞を読む作品””太宰いいわねー”
”衣装もあっていた”等々ほかご感想もいただきました。

まりも色の玉に緑トーンのほんわり花びらが散り、そこから
桜色の透けたリボン、そして濃い緑のリボンがながれ落ちています。
その玉が3個が本日のセット。
ライトに浮かび、外光に照らされ、また影を作りなんとも・・・

写真を何枚かご覧ください。

110603f.gif
Y110603.gif
Y110603b.gif
110603g.gif
110603e.gif
110603h.gif

舞台はこんなふうでした。
お出かけくださった皆様
ありがとうございました。
思い出にもう一度ご覧ください。
いらっしゃれなかった皆様、
次回に期待しつつしばしご覧ください。
ともあれ作品を挟んでご一緒のときがあることに感謝いたします。

このページのトップヘ