1getu1jitu
楽曲 「一月一日(いちげついちじつ)」
文部省唱歌 


年のはじめの ためしとて終わりなき世の めでたさを

松竹たてて 門(かど)ごとに祝う(いおう)今日(きょう)こそ たのしけれ
 
初日(はつひ)のひかり さしいでて 四方(よも)にかがやく けさの空

君がみかげに たぐえつつ あおぎ見るこそ とうとけれ

明治26年8月「官報3037号附録」



二番はともかく、一番はどこかでお聞きになったことがあられるのでは。

あるいは曲だけでも。

ここには野ばら社「唱歌」からとらせていただき載せました。「文部省唱歌」と

載った新聞記事とは異なり、作詞 千家尊福、作曲 上 真行 とあります。

千家尊福 は 「せんげたかとみ」とお読みし、宗教家、政治家と肩書があります。

出雲大社に像が建ち、「一月一日」の歌碑もあるそうです。1845年8月生まれ。

1918年1月亡と。千家元麿という詩人はご子息。

出雲大社宮司のみならずいくつかの県知事ともなられた。

作曲者の上 真行のよみは「うえさねみち」。雅楽家。11才で宮内庁雅楽部へ仕官。

後東京音楽学校で教鞭をとるようになる。滝廉太郎とも同一の会で楽の道に勤しむ。

西洋音楽にも精通し、日本で最初のチェロ奏者でもあられたそうです。 

 

2021年。

今年の「一月一日」語坊の住む地は快晴。風もなく。

朝7時の西の空にはいまだ満月の形に近い白い月が輝いている。

東からは初日が山際に輝き始めている。

何と初めての年の空よ!!

月の下には雪の富士がすっきりとその影を現し、

手前の相模灘は空の青を取り込み、

波は輝きそれをゆり動かす。

 

あけましておめでとうございます。 新春のおよろこび申し上げます。

 

心から感謝。

日々の暮らしが守られますよう。

そして行く末に幸あらんことを切に切に祈ります。

asahi