皐月晴れ11連休にほくそ笑む  (おそまつ)

全くお粗末でした。

ゴールデンウィークと呼んでいたのはいつの事であったか!
何の事であったか。
何をするにも頭の周りを五月の蠅のように「コロナ」が渦巻く!

と、うざうざつぶやくのも嫌になってきました。

五月の第三週も過ぎて「定期朗読会」も「あるかしら」から「ないでしょ」にかわってしまった感。
と、言われずに語坊の声お聞きしていただきましょう。
以前のライブからです。
「カッパのお手紙」

この作品は、神奈川県横須賀市にある中学校のPTAの方々が収集なさり一冊の本にまとめられたものの中から読ませていただきました。
随分前この本のまとめにご尽力なさった大内順子とおっしゃる先生にお会いした時、「どうぞ読んでください」とお許しをいただいたものです。
このほかにも載っているお話27作ほぼ読ませていただきました。
初版昭和61年です。
西暦1968年、バブル景気の始まりだしたころの出版。


■オカリナ演奏:白鳥の歌 ■朗読:『カッパのお手紙』